軻親断機とは

四字熟語軻親断機
読み方かしんだんき
意味物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。
「軻親」は孟子(孟軻)の母親のこと。
「断機」は織りかけている機の糸を途中で切ること。
孟子が学問を投げ出そうとしたときに、孟子の母親は織り途中の機の糸を切断して「学問を途中でやめることは、この織物と同じようなものだ」と言って戒めたという故事から。
出典『列女伝』「鄒孟軻母」
類義語 断機之戒(だんきのいましめ)
孟母断機(もうぼだんき)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「軻」を含む四字熟語

「親」を含む四字熟語

「親」を含む四字熟語を全て見る

「断」を含む四字熟語

「断」を含む四字熟語を全て見る

「機」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る