時雨之化について

時雨之化
じうの-か
読み方じうのか
意味「時雨」は適切な時に適度に降る雨のこと。
適度な雨は草木の育成をよくすることから、君主の善政や聖人の教化が、人々を感化すること。
出典『孟子』「尽心・上」
類義語 垂拱之化(すいきょうのか)
垂拱之治(すいきょうのち)
草偃風従(そうえんふうじゅう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る