用管窺天について

四字熟語用管窺天
読み方ようかんきてん
意味細い管に目を当てて天を窺い見るということから、視野が狭くて見識が足りないという意味。
出典『荘子』「秋水」
類義語 以管窺天(いかんきてん)
以蠡測海(いれいそくかい)
管窺之見(かんきのけん)
管窺蠡測(かんきれいそく)
管中窺豹(かんちゅうきひょう)

使用されている漢字

「用」を含む四字熟語

「用」を含む四字熟語を全て見る

「管」を含む四字熟語

「管」を含む四字熟語を全て見る

「窺」を含む四字熟語

「窺」を含む四字熟語を全て見る

「天」を含む四字熟語

「天」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る