太液芙蓉とは

四字熟語太液芙蓉
読み方たいえきのふよう
意味美人の顔のたとえ。
「太液」は漢代には未央宮の北にあった池の名前のこと。
「芙蓉」は蓮の花のこと。
出典白居易「長恨歌」
類義語 一顧傾城(いっこけいせい)
傾国美女(けいこくのびじょ)
仙姿玉質(せんしぎょくしつ)
天香国色(てんこうこくしょく)
曼理皓歯(まんりこうし)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「太」を含む四字熟語

「液」を含む四字熟語

「液」を含む四字熟語を全て見る

「芙」を含む四字熟語

「蓉」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る