「臣一主二」について

スポンサーリンク

四字熟語 臣一主二
読み方 しんいつしゅに
意味 誰に仕えるかは、個人の自由ということ。
元は臣下としての自分の体は一つしかないが、仕えることのできる主人はたくさんいるという意味の言葉。
仕えている君主が駄目なら、他にも君主はたくさんいるので、自由に見つけて仕えてもよいということをいう。
出典 『春秋左氏伝』「昭公一三年」
漢字詳細 四字熟語「臣」 / 漢字「臣」
四字熟語「一」 / 漢字「一」
四字熟語「主」 / 漢字「主」
四字熟語「二」 / 漢字「二」

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る