四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「臥薪嘗胆」

「臥薪嘗胆」について

「臥薪嘗胆」の読み方

スポンサーリンク

読み方 がしんしょうたん
意味 目的を果たすために、苦難に耐えて機会を待つこと。
「臥薪」は固い薪(たきぎ)の上で寝ること。
「嘗胆」は苦い肝(きも)をなめること。
春秋時代、呉王の夫差は固い薪の上で寝ることで、父親の敵である越王の勾践への恨みを忘れないようにし、ついには会稽山の戦いで勝利した。
その一方で、会稽山の戦いで敗北した勾践は、寝室に苦い肝を置き目覚める度にそれをなめることで敗北の恥を思い返し、ついには夫差を滅ぼしたという故事から。
出典 『史記』「越世家」
『十八史略』「春秋戦国」
類義語 坐薪懸胆(ざしんけんたん)
漆身呑炭(しっしんどんたん)
呑炭漆身(どんたんしっしん)
漢字検定 準1級
分類 機会をうかがう
我慢
機会
ことわざ
漢字詳細 「臥」を含む四字熟語 / 「臥」という漢字の詳細
「薪」を含む四字熟語 / 「薪」という漢字の詳細
「嘗」を含む四字熟語 / 「嘗」という漢字の詳細
「胆」を含む四字熟語 / 「胆」という漢字の詳細

「か」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検級から検索

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級    

その他

検索ランキング
(09/21更新)

1位 瓦釜雷鳴
2位 君子万年
3位 口耳四寸
4位 万物流転
5位 氷肌玉骨

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る