因声求義について

四字熟語因声求義
読み方いんせいきゅうぎ
意味漢字は音で概念を表すとする考え方。または、音が同じ漢字は同じ意義を示すとする考え方。
中国の清朝考証学で重要とされる原則で、王念孫や段玉裁を中心に唱えられた。
「声に因りて義を求む」とも読む。
出典王念孫「広雅疏証」,段玉裁「広雅疏証に寄するの序」

使用されている漢字

「因」を含む四字熟語

「因」を含む四字熟語を全て見る

「声」を含む四字熟語

「声」を含む四字熟語を全て見る

「求」を含む四字熟語

「求」を含む四字熟語を全て見る

「義」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る