孟光荊釵について

孟光荊釵
もうこう-けいさい
読み方もうこうけいさい
意味中国の後漢の梁鴻が妻を選んだという故事のこと。
「孟光」は人の名前で、梁鴻の妻。
「荊釵」はいばらでできたかんざしのことで、質素な装飾品のたとえ。
梁鴻は妻を選ぶ時に美しい女性ではなく、容姿の醜い孟光を選んだ。
孟光は嫁ぐ時に美しく着飾ったが梁鴻は相手にせず、孟光は理由を尋ねると、共に隠遁する人を探していたと答えた。
思い違いをしていた孟光はそのことを詫びて、それまでの質素な服装にいばらのかんざしをつけたところ、梁鴻は喜んで孟光を迎え入れたという故事から。
出典『後漢書』「逸民・梁鴻伝」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る