蜀犬吠日について

蜀犬吠日
しょくけん-はいじつ
読み方しょくけんはいじつ(しょっけんはいじつ)
意味見識の狭い人が理解もできないのに賢者の言行を非難すること。
または、見識の狭い人が理解できないことに対して、無駄な疑いを持って騒ぎ立てること。
中国の蜀は高い山に囲まれた地で、ほぼ毎日霧に覆われていて、たまに霧が晴れると犬が怪しんで太陽に向かって吠えたという故事から。
「蜀犬日に吠ゆ」とも読む。
出典「招北客文」
類義語 越犬吠雪(えっけんはいせつ)
呉牛喘月(ごぎゅうぜんげつ)
吠日之怪(はいじつのあやしみ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る