禍福倚伏について

禍福倚伏
かふく-いふく
読み方かふくいふく
意味災いと幸せは交互にやってくるということ。
「禍福」は災いと幸せ。
「倚伏」は交互に起こるということ。
災いには幸せが寄り添っていて、幸せには災いが潜んでいるという意味から。
出典『老子』「五八章」
類義語 禍福相倚(かふくそうい)
禍福相貫(かふくそうかん)
禍福之転(かふくのてん)
塞翁失馬(さいおうしつば)
塞翁之馬(さいおうのうま)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る