湛盧之剣について

湛盧之剣
たんろの-けん
読み方たんろのけん
意味宝剣のこと。
中国の呉の王の闔閭が持っていたとされる、黒く澄んだ宝剣。
「湛」は澄むや沈むという意味。
「盧」は黒い色という意味。
中国の春秋時代、越の王が有名な刀匠の欧冶子を招いて作らせたもので、呉の王の闔閭が最初に持っていたが、剣が見限って楚の昭王のものになったといわれている。
出典『越絶書』「外伝記宝剣」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る