三百代言とは

四字熟語三百代言
読み方さんびゃくだいげん
意味根拠のない適当な話で人を騙すこと。
または、そのような人のこと。
「三百」は昔の小さな通貨の三百文ということから、非常に価値が低いことのたとえ。
「代言」は代言人のことで、弁護士の昔の名称。
資格を持っていない人が、他人の訴訟を取り扱ったことを罵っていった言葉から。

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「三」を含む四字熟語

「三」を含む四字熟語を全て見る

「百」を含む四字熟語

「百」を含む四字熟語を全て見る

「代」を含む四字熟語

「代」を含む四字熟語を全て見る

「言」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る