矯角殺牛について

矯角殺牛
きょうかく-さつぎゅう
読み方きょうかくさつぎゅう
意味わずかな短所を直そうとして、逆に全体が悪くなってしまうこと。
牛の角は曲がった形をしているものであり、それをまっすぐに正そうとすると牛を殺してしまうということから。
「角を矯めて牛を殺す」とも読む。
出典『玄中記』
類義語 矯枉過直(きょうおうかちょく)
庇葉傷枝(ひようしょうし)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る