居安思危について

居安思危
きょあん-しき
読み方きょあんしき
意味平和な世の中でも災難があった時のことを考えておき、いつも用心しておくべきであるという戒め。
「安きに居りて危うきを思う」とも読む。
出典『春秋左氏伝』「襄公一一年」
類義語 安居危思(あんきょきし)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る