異類無礙とは

四字熟語異類無礙
読み方いるいむげ
意味異なっているもの同士が、何ものにも邪魔されることなく互いに通じ合うこと。
「異類」は違う種類という意味。
「無礙」は障害になるものがないということ。
仏教の言葉で、性質の異なる火と水が、何の妨げもなく通じ合うことをいう。
「異類無碍」とも書く。
別表記 異類無碍(いるいむげ)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「異」を含む四字熟語

「類」を含む四字熟語

「類」を含む四字熟語を全て見る

「無」を含む四字熟語

「礙」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る