楚夢雨雲について

楚夢雨雲
そむ-ううん
読み方そむううん
意味男女の交わり、情交のたとえ。
中国の戦国時代の楚の懐王が昼寝をした際、夢の中で巫山の女神と情交を結んだ。別れ際に女神が「朝には雲となって、夕方には雨となってここに参ります」と言ったという故事から。
出典『文選』宋玉「高唐腑」
類義語 雲雨之夢(うんうのゆめ)
雲雨巫山(うんうふざん)
朝雲暮雨(ちょううんぼう)
巫山雲雨(ふざんうんう)
巫山之夢(ふざんのゆめ)

「楚」を含む四字熟語

「楚」を含む四字熟語を全て見る

「夢」を含む四字熟語

「夢」を含む四字熟語を全て見る

「雨」を含む四字熟語

「雲」を含む四字熟語

「雲」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る