百福荘厳について

四字熟語百福荘厳
読み方ひゃくふくしょうごん
※「ひゃくふく」は「ひゃっぷく」とも、「ひゃくぶく」とも読む。
意味数多く積んだ福で仏像を飾ること。
または、仏の三十二相のこと。
「百福」は百の福徳を積むこと。
「荘厳」は仏像や奉ってある建物を美しく飾ること。
仏の三十二相は、仏にあるとされる三十二の特徴で、それぞれ百の福徳を積むことで現われるとされている。
出典『法華経』

使用されている漢字

「百」を含む四字熟語

「百」を含む四字熟語を全て見る

「福」を含む四字熟語

「福」を含む四字熟語を全て見る

「荘」を含む四字熟語

「厳」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る