百鍛千練について

百鍛千練
ひゃくたん-せんれん
読み方ひゃくたんせんれん
意味詩や文章の語句を何度も考え、何度も修正してよりよいものにすること。
「百」や「千」は非常に数が多いことのたとえで、何度も繰り返すという意味。
「鍛錬」は金属を鍛え上げることで、詩や文章の語句を何度も考えて練り上げることのたとえ。
百回鍛えて、千回練るという意味から。
出典
類義語 月下推敲(げっかすいこう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る