脣亡歯寒について

脣亡歯寒
しんぼう-しかん
読み方しんぼうしかん
意味互いに深い関係で繋がっていて、一方が滅びるともう一方も危険な状態になること。
「脣」は唇のこと。
唇と歯は互いに助け合う関係であり、唇が無くなると歯は寒くなるということから。
古代中国の虞の宮之奇が、虞とカクの国の関係をたとえていった故事から。
「脣亡びて歯寒し」とも読む。
「唇亡歯寒」とも書く。
出典『春秋左氏伝』「僖公五年・哀公八年」
類義語 唇歯之国(しんしのくに)
亡脣寒歯(ぼうしんかんし)
輔車脣歯(ほしゃしんし)
輔車相衣(ほしゃそうい)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る