胡孫入袋について

四字熟語胡孫入袋
読み方こそんにゅうたい
意味民間にいた人が、公職についたために自由が無くなること。
または、物事を自由に行えないこと。
「胡孫」は動物の猿の別称。
猿が袋の中に入れられるという意味から。
「胡孫袋に入る」とも読む。
出典『帰田録』

使用されている漢字

「胡」を含む四字熟語

「胡」を含む四字熟語を全て見る

「孫」を含む四字熟語

「孫」を含む四字熟語を全て見る

「入」を含む四字熟語

「入」を含む四字熟語を全て見る

「袋」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る