韓信匍匐について

韓信匍匐
かんしん-ほふく
読み方かんしんほふく
意味将来的な目的を果たすために、恥辱や苦労を耐えることのたとえ。
「韓信」は人の名前。
韓信は背が高く、大きな剣を持っていたために、「立派な剣を持っているが臆病者だ。やれるものなら剣で突いてみろ。出来なければ股の下をくぐれ。」と挑発され、羞じに耐えて股の下をくぐった。
後に漢の劉邦に仕え、王朝を建国するときに大きな功績を上げ、名将として三傑と称されるまでになったという故事から。
出典『史記』「淮陰侯伝」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る