虎渓三笑について

四字熟語虎渓三笑
読み方こけいさんしょう
意味あることに夢中になって、他のことを全て忘れてしまうこと。
「虎渓」は中国の江西省の廬山にあったとされる谷の名前。
「三笑」は三人で笑うこと。
中国の東晋の高僧の慧遠は、廬山の寺にこもって、虎渓よりも外に出ないと誓っていたが、詩人の陶潜と道士の陸修静を見送るときに話に夢中になり、虎の吠える声で虎渓を超えてしまった事に気づき、三人で大笑いしたという故事から。
出典『廬山記』

使用されている漢字

「虎」を含む四字熟語

「虎」を含む四字熟語を全て見る

「渓」を含む四字熟語

「渓」を含む四字熟語を全て見る

「三」を含む四字熟語

「三」を含む四字熟語を全て見る

「笑」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る