是是非非について

是是非非
ぜぜ-ひひ
読み方ぜぜひひ
意味正しいことは正しい、悪いことは悪いと、公正に判断すること。
個人的な感情を交えることなく、公正に判断すること。
「是を是とし、非を非とする、之を智と謂う。是を非とし、非を是とする、之を愚と謂う」という一文を略したもの。
「是々非々」とも書く。
出典『荀子』「脩身」
類義語 厳正中立(げんせいちゅうりつ)
公平無私(こうへいむし)
公明正大(こうめいせいだい)
無私無偏(むしむへん)
理非曲直(りひきょくちょく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る