君子豹変について

君子豹変
くんし-ひょうへん
読み方くんしひょうへん
意味信念を持たずに考えや態度をあっさりと変えること。
元は「人格者は間違いをすぐに認めて改める」という良い意味で使われていたが、現在は悪い意味で使われることが多い言葉。
「君子」は徳のあるすばらしい人物のこと。
「豹変」は豹の毛が生え変わるときに模様が美しく変化することで、ここでは考えや態度を急に変えることのたとえ。
出典『易経』「革卦」
類義語 大賢虎変(たいけんこへん)
大人虎変(たいじんこへん)

「君」を含む四字熟語

「君」を含む四字熟語を全て見る

「子」を含む四字熟語

「子」を含む四字熟語を全て見る

「豹」を含む四字熟語

「豹」を含む四字熟語を全て見る

「変」を含む四字熟語

「変」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る