遠交近攻について

四字熟語遠交近攻
読み方えんこうきんこう
意味遠くの国と親しくして、近くの国を攻める策略。
中国の戦国時代に范雎が秦の君主に進言した策略で、兵法三十六計の第二十三計にあたる。
出典『史記』「范雎伝」

使用されている漢字

「遠」を含む四字熟語

「遠」を含む四字熟語を全て見る

「交」を含む四字熟語

「交」を含む四字熟語を全て見る

「近」を含む四字熟語

「近」を含む四字熟語を全て見る

「攻」を含む四字熟語

「攻」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る