爛額焦頭について

爛額焦頭
らんがく-しょうとう
読み方らんがくしょうとう
意味大切なことを忘れて、必要の無いことを重要視すること。
または、何かをするときに非常に苦労すること。
「爛額」は額が爛(ただ)れる、「焦頭」は頭を焦がすこと。
火事の際に消火や救助をしてくれた人には感謝して、防火方法を教えてくれた人には感謝せず、加えて防火もしていなかったという故事から。
出典『漢書』「霍光伝」
類義語 釈根灌枝(しゃくこんかんし)
舎本逐末(しゃほんちくまつ)
主客転倒(しゅかくてんとう)
焦頭爛額(しょうとうらんがく)
本末転倒(ほんまつてんとう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る