韋弦之佩について

韋弦之佩
いげんの-はい
読み方いげんのはい
意味自分の性格の悪い点を改めて人格を高めるために、戒めのものを身につけること。
「韋」はなめし皮。
「弦」は弓のつる。
「佩」は身につけるという意味。
中国の戦国時代、西門豹は短気な性格を直そうと「ゆったりとしたなめし皮」を身に着け、春秋時代の董安干は厳格な性格に改めるために「かたい弓のつる」を身につけたという故事から。
出典『韓非子』「観行」
類義語 佩韋佩弦(はいいはいげん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る