竹頭木屑とは

四字熟語竹頭木屑
読み方ちくとうぼくせつ
意味役に立たないもののこと。
または、役に立たないように見えるものでも、役立つことがあるので粗末にしないこと。
「竹頭」は竹の切れ端。
「木屑」は木を削ったときに出るくず。
船を作るときに出た木屑を捨てずにとっておき、雪道で滑らないようにまいたり、竹の切れ端から作った釘を船の修理に使ったという故事から。
出典『世説新語』「政事」
漢検級 準1級
場面用途 役に立たない
類義語 鶏鳴狗盗(けいめいくとう)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「竹」を含む四字熟語

「竹」を含む四字熟語を全て見る

「頭」を含む四字熟語

「頭」を含む四字熟語を全て見る

「木」を含む四字熟語

「木」を含む四字熟語を全て見る

「屑」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る