七歩八叉について

四字熟語七歩八叉
読み方しちほはっさ
意味詩文の才能にめぐまれていること。
魏の曹植は七歩歩く間に詩を作り、唐の温庭インは八回腕を組む間に八韻の賦を作った故事から。
「叉」は腕を組むこと。
出典『世説新語』「文学」,『北夢瑣言』
類義語 七歩成詩(しちほせいし)
七歩之才(しちほのさい)
陳思七歩(ちんししちほ)

「七」を含む四字熟語

「七」を含む四字熟語を全て見る

「歩」を含む四字熟語

「歩」を含む四字熟語を全て見る

「八」を含む四字熟語

「八」を含む四字熟語を全て見る

「叉」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る