窮愁著書について

四字熟語窮愁著書
読み方きゅうしゅうちょしょ
意味不遇な境遇に負けずに、そのことを書物に書き、その意志を書き記すこと。
「窮愁」は苦しんで悩むこと。
「窮愁書を著す」とも読む。
出典『史記』「虞卿伝」

使用されている漢字

「窮」を含む四字熟語

「窮」を含む四字熟語を全て見る

「愁」を含む四字熟語

「著」を含む四字熟語

「書」を含む四字熟語

「書」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る