殷鑑不遠について

四字熟語殷鑑不遠
読み方いんかんふえん
意味失敗の戒めになるものは、身近なことにあるということ。
「殷」は古代中国の国の名前。
「鑑」は鏡のことで、手本や見本のたとえ。
殷は、昔の出来事を手本にするよりも、圧政で滅びた前代の夏の国を手本とするべきであるという戒めから。
「殷鑑遠からず」という形で使うことが多い言葉。
出典『詩経』「大雅・蕩」
類義語 商鑑不遠(しょうかんふえん)

使用されている漢字

「殷」を含む四字熟語

「鑑」を含む四字熟語

「不」を含む四字熟語

「不」を含む四字熟語を全て見る

「遠」を含む四字熟語

「遠」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る