倚馬七紙について

四字熟語倚馬七紙
読み方いばしちし
意味素晴らしい文章をあっという間に書き上げる才能。
「倚馬」は馬の近くにたったままでいること。
「七紙」は紙七枚におよぶ長い文章。
中国の晋の時代、哀虎は主君の桓温に布告の文を書くように言われ、馬の前にたったまま、あっという間に紙七枚にわたる名文を書き上げたという故事から。
出典『世説新語』「文学」
類義語 倚馬之才(いばのさい)
万言倚馬(まんげんいば)

使用されている漢字

「倚」を含む四字熟語

「倚」を含む四字熟語を全て見る

「馬」を含む四字熟語

「馬」を含む四字熟語を全て見る

「七」を含む四字熟語

「七」を含む四字熟語を全て見る

「紙」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る