鶴立企佇とは

四字熟語鶴立企佇
読み方かくりつきちょ
意味心の底から待ち望むこと。
「企」は足のかかとを上げて、つま先で立つこと。
「佇」は待ち望むこと。
鶴が首を伸ばしてつま先で立つ姿を、人や物を待ち望んでいる様子にたとえたもの。
「鶴企」と略して使うこともある言葉。
出典『三国志』「魏志・陳思王植伝」
漢検級 1級
場面用途 待ち遠しい
類義語 延頸鶴望(えんけいかくぼう)
延頸挙踵(えんけいきょしょう)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「鶴」を含む四字熟語

「鶴」を含む四字熟語を全て見る

「立」を含む四字熟語

「立」を含む四字熟語を全て見る

「企」を含む四字熟語

「企」を含む四字熟語を全て見る

「佇」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る