望聞問切について

望聞問切
ぼうぶん-もんせつ
読み方ぼうぶんもんせつ
意味東洋医学で最も重要な四つの診療方法。
「望診」、「聞診」、「問診」、「切診」の四つを略した言葉。
「望診」は目で見て観察すること。
「聞診」は耳で聞くこと。
「問診」は患者に言葉で尋ねること。
「切診」は指でさすって調べること。
出典『難経』「六一難」

「望」を含む四字熟語

「望」を含む四字熟語を全て見る

「聞」を含む四字熟語

「聞」を含む四字熟語を全て見る

「問」を含む四字熟語

「問」を含む四字熟語を全て見る

「切」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る