沙羅双樹とは

四字熟語沙羅双樹
読み方さらそうじゅ(しゃらそうじゅ)
意味八十歳で入滅した釈迦の寝床にあった沙羅の木のこと。
「沙羅」は植物の名前。
釈迦が入滅したときに、釈迦の寝床の四方に二本ずつあった常緑樹である沙羅の木が、釈迦の入滅を悲しんで、一本ずつ枯れたとも、全ての木が白くなって枯れたとも言われている伝説のこと。
日本では『平家物語』の冒頭の句として有名。
「砂羅双樹」とも書く。
異形 沙羅双樹(しゃらそうじゅ)
砂羅双樹(さらそうじゅ)
砂羅双樹(しゃらそうじゅ)
漢検級 2級

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「沙」を含む四字熟語

「沙」を含む四字熟語を全て見る

「羅」を含む四字熟語

「羅」を含む四字熟語を全て見る

「双」を含む四字熟語

「双」を含む四字熟語を全て見る

「樹」を含む四字熟語

「樹」を含む四字熟語を全て見る

「砂」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る