薤露蒿里について

薤露蒿里
かいろ-こうり
読み方かいろこうり
意味人の一生は儚いということのたとえ。
または、死者を葬り、見送るための歌。
「薤露」はすぐに消えてしまうことのたとえで、韮に降りた朝露という意味から。
「蒿里」は中国にある山の名前で、死者の魂が集まるとされていることから、墓地のたとえ。
中国の秦の時代に、漢の国に屈するのを潔しとしなかった田横という人物が自害して、それを悼んだ門人が作った楽府の詩を、李延年が作曲して、「薤露曲」と「蒿里局」いう二曲を作った。
「薤露曲」は王族や貴族、「蒿里曲」は士大夫という身分の人や庶民を葬送するときに用いたといわれている。
出典『古今注』「音楽」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る