鋳山煮海について

鋳山煮海
ちゅうさん-しゃかい
読み方ちゅうさんしゃかい(ちゅうざんしゃかい)
意味たくさんの財産を蓄えること。
または、山や海の資源が豊かなこと。
「鋳山」は山から銅を採掘して銅貨を作ること。
「煮海」は海水を煮て塩を作ること。
「山に鋳、海に煮る」とも読む。
出典『史記』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る