兎走烏飛とは

四字熟語兎走烏飛
読み方とそううひ
意味あっという間に月日が過ぎていくこと。
「兎」は月、「烏」は日(太陽)のたとえであることから、「兎」と「烏」で月日のことを表している。
「飛」や「走」は経過が早いことを表している。
月には兎、太陽には金烏が住むとされる中国の伝説からきた言葉。
「烏飛兎走」ともいう。
出典荘南傑「傷歌行」
異形 烏飛兎走(うひとそう)
漢検級 準1級
場面用途 時間 / 時間が早く過ぎ去る
類義語 烏兎匆匆(うとそうそう)
光陰如箭(こういんじょぜん)
露往霜来(ろおうそうらい)
歳月不待(さいげつふたい)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「兎」を含む四字熟語

「兎」を含む四字熟語を全て見る

「走」を含む四字熟語

「走」を含む四字熟語を全て見る

「烏」を含む四字熟語

「烏」を含む四字熟語を全て見る

「飛」を含む四字熟語

「飛」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る