滴水嫡凍について

滴水嫡凍
てきすい-てきとう
読み方てきすいてきとう
意味一瞬の気も抜かずに、禅の修業にはげむこと。
「滴水」は水がしたたること。
「嫡凍」の「嫡」はすぐにという意味で、「嫡凍」はすぐに凍るという意味。
滴る水が間をおかずに凍る寒さということを、厳しい修行の緊張感にたとえた言葉。
出典『碧厳録』

「滴」を含む四字熟語

「水」を含む四字熟語

「水」を含む四字熟語を全て見る

「嫡」を含む四字熟語

「嫡」を含む四字熟語を全て見る

「凍」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る