鑿歯尺牘について

鑿歯尺牘
さくし-せきとく
読み方さくしせきとく
意味古代中国の国の晋にいた名文家の習鑿歯は、手紙での議論がとても上手かったということ。
「鑿歯」は習鑿歯のこと。
「尺牘」は手紙のこと。
晋の習鑿歯は名文家として有名で、その中でも手紙を使っての議論が上手かったために、将軍の桓温が右腕として厚遇したという故事から。
出典『蒙求』「鑿歯尺牘」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る