花鳥諷詠について

四字熟語花鳥諷詠
読み方かちょうふうえい
意味四季の移り変わりなどの自然の世界の事象と、それに影響される人間の世界の事象を、客観的にそのまま詠むべきであるとする俳句の理念の一つ。
「花鳥」は『花鳥風月』を略したもので、自然のたとえ。
「諷詠」は詩歌を詠ったり作ったりすること。
高浜虚子が提唱し、ホトトギス派の基本的な理念となったもの。
出典

「花」を含む四字熟語

「鳥」を含む四字熟語

「鳥」を含む四字熟語を全て見る

「諷」を含む四字熟語

「詠」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る