清音幽韻について

四字熟語清音幽韻
読み方せいおんゆういん
意味他のものよりも優れている文章のたとえ。
「清音」は濁りがなく澄んでいる音声。
「幽韻」は言葉にできないほど奥深い味わいがあること。
北宋の王安石が欧陽脩の文を評価した時の言葉。
出典王安石「祭欧陽文忠公文」

使用されている漢字

「清」を含む四字熟語

「清」を含む四字熟語を全て見る

「音」を含む四字熟語

「音」を含む四字熟語を全て見る

「幽」を含む四字熟語

「幽」を含む四字熟語を全て見る

「韻」を含む四字熟語

「韻」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る