歳寒松柏について

歳寒松柏
さいかん-しょうはく
読み方さいかん(の)しょうはく
意味逆境で苦しい状況でも、信念や志など変えないことのたとえ。
「歳寒」は季節の冬。または逆境や苦難という意味。
松や柏などの常緑樹は葉が落ちることもなく緑の葉をつけていることから。
出典『論語』「子罕」
類義語 勁草之節(けいそうのせつ)
志操堅固(しそうけんご)
松柏之操(しょうはくのみさお)
雪中松柏(せっちゅう(の)しょうはく)
冬夏青青(とうかせいせい)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る