八咫之鏡について

四字熟語八咫之鏡
読み方やたのかがみ
意味天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸に隠れているときに、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作ったとされる鏡。
この鏡で天照大神自身を映し、興味を持たせて岩戸の外に引き出したとされる神話がある。
日本の天皇家の皇位継承の象徴の三種の神器の一つ。
他の二つは天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)。
出典

使用されている漢字

「八」を含む四字熟語

「八」を含む四字熟語を全て見る

「咫」を含む四字熟語

「咫」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「鏡」を含む四字熟語

「鏡」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る