「晏嬰狐裘」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

四字熟語 晏嬰狐裘
読み方 あんえい(の)こきゅう
意味 高い身分にありながらも倹約に努め、職務に励むこと。
人の上に立つ者の心得を説いた言葉。
「晏嬰」は人の名前。
「狐裘」は狐(きつね)のわきの下に生えている白い毛皮で作られた高級な衣のこと。
中国の春秋時代の宰相「晏嬰」は、一つの高級な狐の衣を三十年間着続けて、国を治めることに尽力したという故事から。
出典 『礼記』「檀弓・下」
漢字検定 1級
分類 仕事
戒めの言葉
熱心に仕事をする
上の立場の人の心得
言葉
漢字詳細 四字熟語「晏」 / 漢字「晏」
四字熟語「嬰」 / 漢字「嬰」
四字熟語「狐」 / 漢字「狐」
四字熟語「裘」 / 漢字「裘」

検索ランキング
順位 四字熟語 漢字
1位 櫛風沐雨
2位 他言無用
3位 五穀豊穣
4位 周知徹底
5位 懸河之弁

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る