枕石漱流について

枕石漱流
ちんせき-そうりゅう
読み方ちんせきそうりゅう
意味世間から離れて、山奥で自由に暮らすことのたとえ。
隠者の生活をいう。
「石に枕し流れに漱ぐ」とも読む。
「枕石嗽流」とも書く。
出典曹操「秋胡行」

「枕」を含む四字熟語

「枕」を含む四字熟語を全て見る

「石」を含む四字熟語

「石」を含む四字熟語を全て見る

「漱」を含む四字熟語

「漱」を含む四字熟語を全て見る

「流」を含む四字熟語

「流」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る