羽翼已成について

羽翼已成
うよく-いせい
読み方うよくいせい
意味補佐する人々の顔ぶれが整っていて、体制がしっかりとできあがっていること。
「羽翼」は鳥の羽と翼のことから、君主の補佐や、組織の体制のたとえ。
中国の漢の劉邦は、正妻の子ではなく、妾の子をを太子にしようとしたが、すでに顔ぶれが整っていたために諦めたという故事から。
「羽翼已に成る」とも読む。
出典『史記』「留侯世家」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る