華亭鶴唳について

華亭鶴唳
かてい-かくれい
読み方かていかくれい
意味栄華を極めた昔のことを懐かしみ、衰退した現状を嘆くこと。
「華亭」は地名。
「鶴唳」は鳥の鶴の鳴き声。
中国の東晋の時代の陸機は、讒言によって処刑される寸前に、故郷である華亭で鶴の鳴き声を聞く楽しみを思い出して嘆いたという故事から。
出典『晋書』「陸機伝」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る