長鞭馬腹について

四字熟語長鞭馬腹
読み方ちょうべんばふく
意味どんなに大きな力があっても、どうすることもできないことがあるということ。
または、大きすぎたり、長すぎたりすると逆に役に立たないということ。
「長鞭馬腹に及ばず」を略した言葉で、鞭が長すぎると馬の腹に当たらないという意味から。
中国の春秋時代、晋の景公が楚に攻められている宋を助けようとしたときに、晋にいくら力があっても、天が味方している楚と戦うべきではないと、伯宗が諫めたという故事から。
出典『春秋左氏伝』「宣公一五年」

使用されている漢字

「長」を含む四字熟語

「鞭」を含む四字熟語

「鞭」を含む四字熟語を全て見る

「馬」を含む四字熟語

「馬」を含む四字熟語を全て見る

「腹」を含む四字熟語

「腹」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る