高軒寵過について

四字熟語高軒寵過
読み方こうけんちょうか
意味身分の高い人が訪ねてくること。
「高軒」は他人の車の敬称で、立派な車という意味。
「寵過」は名誉ある来訪という意味。
中唐の詩人、李賀の文才を伝え聞いた韓愈と皇甫湜が訪ねると、七歳だった李賀がその場で「高軒過」と題した詩を作ったという故事から。
出典『新唐書』「李賀伝」

使用されている漢字

「高」を含む四字熟語

「高」を含む四字熟語を全て見る

「軒」を含む四字熟語

「寵」を含む四字熟語

「過」を含む四字熟語

「過」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る